Products

フラットディテクター型 ミニCアーム TAU2020

Tau2020_main.jpg

フラットディテクター型 ミニCアーム
OrthoScan TAU2020 (オーソスキャン TAU2020)

一般的名称
移動型デジタル式汎用一体型X線透視診断装置
医療機器認証番号
225ACBZX00048000
orthoscan-fd-pulse-detector.jpg

進化したミニCアーム
視野サイズ20cm×20cm

視野サイズ
大きな視野、広がる可能性

従来のミニCアームの概念をくつがえす最大20㎝×20㎝の視野サイズ。フルサイズ並の視野にミニの繊細さを兼ね備えたTAU2020は、効率的で低被曝な手術をサポートします。また小児アプリケーションとの併用により、新たな透視イメージの可能性が広がります。

電動式コリメーター

関心領域の設定がワンタッチでスムーズにミニCアームで初の電動式コリメーターを採用。過剰な放射線被曝を抑えるため、モニター上のタッチパネルから、いつでもワンタッチで必要な照射域を設定することができます。

tau2020_1.jpg

低線量パルス透視モード、線量最適化フィルター、最新型CMOSフラットディテクターにより、86%の線量を削減(当社比)

フラットディテクターの厚さは6cm。この薄さによって術野へのアクセスが容易になります。X線不透過の手台や足台での手技に於いても、手術台と四肢の間にフラットディテクター部分を差し込むことでX線透視が可能になります。

低線量パルス透視モード

  • パルスレートを毎秒30、15、7.5に設定可能
  • 低線量でも高画質

線量最適化フィルター

  • ミニCアームで唯一小児用プログラムを搭載 
  • 画像の質を落とさず線量を最適化
  • 術者や患者への被曝を低減

最新型CMOSフラットディテクター

  • 検出量子効率(DQE)が向上
  • 画像の明るさ、鮮明さが向上
  • クイックイメージングで低線量
orthoscan-fd-pulse-screen_1.jpg

最先端テクノロジーによる低線量&高画質

TAUに搭載された先端技術は、X線照射量を自動制御し、少ない線量においても最適な透視画像を得ることができ、術者や患者にとってより安全な手術のサポートを可能とします。

1. 27インチモニター

  • 見やすくてきれいな高解像度の27インチ液晶ディスプレイを搭載

2. 透視画像

  • 鮮明でクリアな透視画像が33㎝×33㎝の画面に大きく写し出されます

3. リファレンス画像

  • ワンタッチ操作で画像をロックしリファレンスとして使用できます

4. タッチスクリーン

  • ユーザーインターフェースとしてタッチ操作で簡単に各機能にアクセスできます

5. キーボード

  • 患者情報の入力や編集に使用します。またインターフェースとして単一キーで各機能にアクセスできます

6. モニターアーム

  • フレキシブルなアームは術者の目線に合わせた最適なポジショニングを可能とします

鮮明でクリアな透視画像を実現

1_tau-hand.jpgHand Imaging(手)
2_tau_foot.jpgFoot Imaging(足)
3_tau_knee.jpgKnee Imaging(膝)
4_tau_wrist.jpgWrist Imaging(手首)
5_tau_elbow.jpgElbow Imaging(肘)
6_tau_shoulder.jpgShoulder Imaging(肩)
orthoscan-fd-pulse-24in-portability.jpg

コンパクトデザイン

アーム部分はコンパクトに収納できます。移動もスムーズです。

使用イメージ

tau2020_image.jpg

OrthoScan TAU製品スペック

フラットディテクター

  • 解像度:2.0k x 2.0k
  • 視野サイズ:20cm x 20cm
X線管球 画像記録 外寸・重量
(スタンド部を含む)
電気装備
管電圧 40ー78kVp
管電流 0.040ー0.160mA
パルスレート Cont, 30, 15, 7.5pps
静止画像 26,000枚
動画像 14.4分
DICOM 送信& 印刷 〇(可能)
USB ポート 〇(可能)
重量 215.5kg
高さ 121.9cm
幅×奥行 73.7cm×83.9cm
コントロールパネル 両サイド
ワイヤレスフットスイッチ あり
位置決めレーザー あり
サージカルLEDライト あり
Surgical_LED_Lights.jpgサージカルライト(LED)
Bilateral_Controls.jpg両サイドコントロールパネル
Wireless_Foot_Switch.jpgワイヤレス・フットスイッチ

フラットディテクター型 ミニCアーム
OrthoScan FD (オーソスキャン FD)

一般的名称
移動型デジタル式汎用一体型X線透視診断装置
医療機器認証番号
225ACBZX00048000

鮮明なX線透視画像

高解像度

フラットディテクターは2k X 1.5kの解像度を実現。これは、従来型のI.I.(イメージインテンファイア)1k X 1kに比べて約3倍に相当します。

低ハレーション

ダイナミックレンジが広いフラットディテクターでは、手術器具類の入り込み等によるX線透視条件の変化にもハレーションが起きにくい特性を持っています。

低ノイズ

フラットパネルディテクターの採用により、極めてノイズや残像の少ないX線透視画像を実現。 従来型のI.I.(イメージインテンファイア)ではCCDカメラでの撮像の為、X線透視画像の周辺部分の歪みがありましたが、フラットディテクターではCMOS受像器により歪みは無く、術者へより正確な位置や距離関係の情報を提供します。

コンパクトデザイン

フラットディテクターの厚さは6cm。この薄さによって術野へのアクセスが容易になります。X線不透過の手台や足台での手技に於いても、手術台と四肢の間にフラットディテクター部分を差し込むことでX線透視が可能になります。

コンパクト収納

アームはコンパクトに格納されるので、省スペースで保管できます。

150°ローテーション

従来タイプより可動域を大幅に改善。様々な方向からの透視ができます。

広いダイナミックレンジによってハレーションを抑え、鮮明なX線透視画像を実現

Flat Detector
Image Intensifier

画像の歪みがなく、正確な位置、距離関係で表示

Flat Detector
Image Intensifier

OrthoScan FD使用イメージ

OrthoScan FD製品スペック

フラットディテクター

  • 解像度:2k x 1.5k
  • 視野サイズ:6"(15cm) x 5"(12cm) & 4" (10cm) x 3" (8cm) 2段切替
X線管球 画像記録 外寸・重量
(スタンド部を含む)
電源
管電圧:40~78kV
管電流:0.04~0.160mA
静止画像:8,000枚
動画像:90分間
DICOM Send & DICOM Print USBポート
幅:74cm
高さ:113cm
重量:181kg
AC100V(50/60Hz) 5A
サージカルLEDライト
X管球側にサージカルLEDライトを内蔵。術野の影を低減できます。
ワイヤレス・フットスイッチ
USBポート
両サイドコントロールパネル
一覧に戻る

Japan Medical Netジャパン・メディカル・ネット

医療関係機関のお客様向けに、品質・コストパフォーマンス共に優れた世界の医療材料、医療用消耗品、メディカル用消耗品を厳選して販売。 オンラインによるシンプルな販売・流通形式により、高品質な製品を良心的な価格でお届けする医療関係者のためのネットショップです。

Close