Products

ネイタス社製 IOM(術中モニタリング装置)
「エクセルテック プロテクター32」

守るのは <患者のQOL>

整形外科手術や脳神経外科手術では、術中モニタリングが必要不可欠とされ、外科手術チームからは安定した品質のデータが要求されています。「ノイズが多い環境下でも左右されないデータ収集」は術中モニタリングに要求される最大の目的です。

医療機器認証番号
228ADBZI00097000
販売名
プロテクター32

エクセルテック プロテクター32の特徴

1.マルチ・モダリティ(Multi-tasking monitoring)

手術全体を通じ、途切れることのない安定したモニタリングを実現。 システム設定の変更、検査データビュー、測定および算出も生体データの取得に影響を与えません。

2.直観的なユーザーインターフェイス

ストレスの多い環境でも "使いやすい"、"混乱しない" を追求しソフトウェアデザインされています。

3.カスタマイズ可能なディスプレイ設定

ベースライン波形の設定 / 変更、スタック波形における波形選択、スーパーインポーズや履歴の表示が可能。全ての測定結果は、シンプルかつ読み取りやすく表示可能です。

4.トレンド表示機能

EPにおいてデータの変化を迅速に認識し、トレンドデータはグラフおよび数値で表示可能です。

5.CSA, DSA, QDSA and Spectral Edge

脳機能を評価するパワフルなツール

6.カスタマイズ可能なインターリーブ刺激

連続、単発およびトレインモードによるマルチ刺激

7.アノテーションツール

包括的な症例記録が可能。手術経過、重要事項、手術中のコミュニケーション等を簡単に記録

8.神経モニタリングモード

術者やモニタリングスタッフは容易に神経を同定可能で最大8chのEMGを自動検出し異なる音色で表現。 また、刺激音で刺激出力の確認が出来ることで、刺激プローブからの刺激コンタクト音による電気出力を容易に識別可能。

9.安心設計

色分けされた入力コードで接続ミスを予防。取り外し可能なアクイジションポッドにより、様々な状況で高品質なモニタリングが可能。プロテクターの16ch高出力電気刺激装置は容易に取り外し可能(手術台への取り付け可)

10.テストウィザードによる簡単設定

プロテクターに内蔵されたテストウィザードは、複雑なモニタリング設定作業が容易。 ウィザードに従い "何をモニター" し、"どんな刺激を行う" か指定する刺激設定や計測テーブル設定のディスプレイパネルを簡単に作成可能。

一覧に戻る

Japan Medical Netジャパン・メディカル・ネット

医療関係機関のお客様向けに、品質・コストパフォーマンス共に優れた世界の医療材料、医療用消耗品、メディカル用消耗品を厳選して販売。 オンラインによるシンプルな販売・流通形式により、高品質な製品を良心的な価格でお届けする医療関係者のためのネットショップです。 (※2020年9月上旬リニューアル予定。)

Close