ネイタス社製 IOM(術中モニタリング装置)
「エクセルテック プロテクター32」

エクセルテック プロテクター32

守るのは <患者のQOL>

整形外科手術や脳神経外科手術では、術中モニタリングが必要不可欠とされ、外科手術チームからは安定した品質のデータが要求されています。「ノイズが多い環境下でも左右されないデータ収集」は術中モニタリングに要求される最大の目的です。

製品カタログPDFはこちら

エクセルテック プロテクター32の特徴

  1. マルチ・モダリティ(Multi-tasking monitoring)
    手術全体を通じ、途切れることのない安定したモニタリングを実現。
    システム設定の変更、検査データビュー、測定および算出も生体データの取得に影響を与えません。
  2. 直観的なユーザーインターフェイス
    ストレスの多い環境でも ”使いやすい”、”混乱しない” を追求しソフトウェアデザインされています。
  3. カスタマイズ可能なディスプレイ設定
    ベースライン波形の設定 / 変更、スタック波形における波形選択、スーパーインポーズや履歴の表示が可能。
    全ての測定結果は、シンプルかつ読み取りやすく表示可能です。
  4. トレンド表示機能
    EPにおいてデータの変化を迅速に認識し、トレンドデータはグラフおよび数値で表示可能です。
    モニタ画面イメージ
  5. CSA, DSA, QDSA and Spectral Edge
    脳機能を評価するパワフルなツール
  6. カスタマイズ可能なインターリーブ刺激
    連続、単発およびトレインモードによるマルチ刺激
  7. アノテーションツール
    包括的な症例記録が可能。手術経過、重要事項、手術中のコミュニケーション等を簡単に記録
  8. 神経モニタリングモード
    術者やモニタリングスタッフは容易に神経を同定可能で最大8chのEMGを自動検出し異なる音色で表現。
    また、刺激音で刺激出力の確認が出来ることで、刺激プローブからの刺激コンタクト音による電気出力を容易に識別可能。
    神経モニタリングモード
  9. 安心設計
    色分けされた入力コードで接続ミスを予防。取り外し可能なアクイジションポッドにより、様々な状況で高品質なモニタリングが可能。プロテクターの16ch高出力電気刺激装置は容易に取り外し可能(手術台への取り付け可)
    安心設計
  10. テストウィザードによる簡単設定
    プロテクターに内蔵されたテストウィザードは、複雑なモニタリング設定作業が容易。
    ウィザードに従い ”何をモニター” し、”どんな刺激を行う” か指定する刺激設定や計測テーブル設定のディスプレイパネルを簡単に作成可能。
    テストウィザードによる簡単設定

医療機器認証番号:228ADBZI00097000
販売名:プロテクター32
類別:機械器具21 / 内臓機能検査用器具 / 管理医療機器 / 特定保守管理医療機器
一般的名称:誘発反応測定装置(コード:70068000)【聴覚誘発反応刺激装置(コード:35368000) /
視覚誘発反応刺激装置(コード:35373000) / 電気誘発反応刺激装置(コード:32516000) /
位置決定用神経探知刺激装置(コード:35723002) / パルスオキシメータ(コード:17148010)】

/この製品に関するお問い合わせはこちらまで

TEL
03-5414-8753
FAX
03-5414-8756

PageTop