Products

2方向透視X線透視診断装置

Biplanar 600s(整形外科専用バイプレーン型外科用イメージ)

Biplanarは整形外科手術において非効率なX線透視の位置合わせ時間と、無用なX線被ばくのストレスから術者を解放します。

販売名
Biplanar 600s X線透視診断装置
医療機器認証番号
226AIBZX00037000

Biplanar600sの特徴

手術時間の短縮と手技精度の向上

バイプレーナーは、正面と側面の2方向からのX線透視画像を観察する時、Cアーム回転操作の必要はありません。直交する2方向のX線透視画像はタイムリーに術者に提供されます。従来型のCアームで繰り返される煩雑な正面と側面の位置合わせ操作による時間的なロスは無く、効率的な手術は術者の集中力の持続性をサポートします。

X線被ばく低減

手術の開始時にポジショニングを行った以降、位置合わせに伴うX線透視は必要ありません。バイプレーナーによって医療スタッフと患者は、X線被ばくを最小限に抑えることができます。

患者ベネフィット

バイプレーナーによる手術時間の短縮は、麻酔時間の短縮や出血量や投薬量の低減に寄与します。また、清潔域・不潔域を高頻度に移動するCアーム回転操作が不要の為、感染のリスクを低減します。

操作性

【3ペダルフットスイッチ】
術者が操作する透視フットスイッチは3ペダル型です。

【「正面」「側面」「正面⇔側面】
「正面⇔側面」ベダルは正面⇔側面の透視を各々15秒間隔で繰り返します。

【スライド型イメージインテンシファイア】
正面と側面のイメージインテンシファイアは28cmのスライド域を持っており、患部の拡大/縮小はCアームを上下する事無く最適なフレーミングが可能です。

主要仕様

X線管(AP側とLT側は同一仕様)
管電圧 40kV ~ 110kV
透視管電流 0.2 ~ 4.0mA
パルス透視管電流 0.2 ~ 6.0mA
ERモード 40kV ~ 110kV 8.0mA
イメージインテンシファイア(AP側とLT側は同一仕様)
入力直径 23cm
分解能 26 lp/cm
CCDカメラ 1,000 x 1,000 pixels
画像記録
画像保存 100,000枚
画像転送 Dicom 3.0 interface
メディア記録 USBポート
プリンター ビデオプリンター
Gスタンド(※AP側とLT側は同一仕様)
高さ 186cm
204cm
奥行 82cm
SID 可変 95~123cm※
I.I.スライド長 28cm 電動ワイヤレスリモコン操作※
Gスタンド垂直上昇 28cm 電動ワイヤレスリモコン操作
Gスタンド回転 +15°-13°手動
重量 242kg
コントロールユニット
高さ 168cm
72cm
奥行 91cm
重量 158kg
電源
電源 AC100 / 200V
認証関連
販売名 Biplanar 600s X線透視診断装置
一般的名称 移動型デジタル式汎用一体型X線透視診断装置
認証番号 226AIBZX00037000
特定保守管理医療機器 該当
設置管理医療機器 該当
クラス分類
一覧に戻る

Japan Medical Netジャパン・メディカル・ネット

医療関係機関のお客様向けに、品質・コストパフォーマンス共に優れた世界の医療材料、医療用消耗品、メディカル用消耗品を厳選して販売。 オンラインによるシンプルな販売・流通形式により、高品質な製品を良心的な価格でお届けする医療関係者のためのネットショップです。 (※2020年9月上旬リニューアル予定。)

Close